白樺のチカラ シリーズ
天然成分100%!! 白樺からできた木酢液
Aチカラ集合.jpg

2012年12月05日

1年の「免疫リズム」で生きる

体調は気圧に大きく左右されます。大きくは1年間、小さくは1日の中でも気圧は変動しています。そして、その変動によって生じる免疫系の1年間の変化を「年内リズム」、1日の変化を「日内リズム」と言っています。日本もそうですが、北半球ならばどこの地域でも、冬季は気圧が高く、夏季は気圧が低いという共通のパターンがあります。冬は気温が低く、空気が冷やされて重くなるため、高気圧になります。逆に夏は気温が上昇して空気が暖められる為に軽くなり、低気圧になります。春と秋は、気圧が大きく変化する季節です。春は、顆粒球優位からリンパ球優位(交感神経優位から副交感神経優位)の体調へと変化します。秋は、逆にリンパ球優位から顆粒球優位(副交感神経優位から交感神経優位)の体調へと変化していることがわかりました。こうした変化は健康な人にとっては体調に変化を及ぼすほどではありませんが、病気が内在している人にとっては悪化させる原因となります。最も顕著な例は、慢性関節リウマチです。この病気の患者さんの関節には、顆粒球とリンパ球が9対1で混在しているのです。春先にリンパ球が増えていくとどうなるでしょうか。関節でリンパ球が増えると発病物質のプロスタグランジンの分泌が急増し、より強い痛みを引き起こすようになるのです。花粉症も同じです。春先は、花粉が飛ぶ時期でもありますが、体がリンパ球優位になります。そのため、もともとリンパ球体質の人は、花粉に過剰反応してしまうのです。それがくしゃみや鼻水、そして、目のかゆみとなって現れるのです。  by こんぴら天狗
posted by 白樺のチカラ at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。