白樺のチカラ シリーズ
天然成分100%!! 白樺からできた木酢液
Aチカラ集合.jpg

2013年10月29日

「長生きする人の腸」には共通点がある

私たちが、病気にならず、若々しく健康でいるためのカギを握るのが腸です。そこに棲んでいるのが、「善玉菌」です。善玉菌が少ないと、消化吸収力の低下、腸内腐敗の進行、免疫力の低下、病原菌に感染しやすくなるなど、老化や病気の原因になります。善玉菌の中でも、特に重要なはたらきをする「乳酸菌」の驚くべき力について、乳酸菌を多くもっておくことは、健康維持に欠かせません。人の体内に棲む乳酸菌は、侵入する異物や有害物質をブロックし、体の恒常性(ホメオスターシス)を保つ役割を果たしているのです。「人間と共存して健康維持に貢献してくれる」ことから、予防医学の分野では、体内の善玉菌(乳酸菌)を増やして腸内環境をよくすることで病気を防ぐことがクローズアップされています。乳酸菌とは、糖質から乳酸を多量に作り出す細菌の総称のことです。乳酸菌という固有の菌が存在するわけではありません。何かと共生して効力を発揮します。食品の発酵を助ける乳酸菌と、腸の中に棲む乳酸菌とでは種類が違います。人によって腸管のはたらきや食習慣の違いにより、乳酸菌の種類や量は異なるのです。大きく分けると、生きたまま腸まで届くものと、胃酸や胆汁などにやられて腸の手前で死滅してしまうものの2種類があります。生きて腸内に到達できるものは、腸内の善玉菌を増やすのに威力を発揮するとともに、悪玉菌退治も買って出ます。しかし、これはごく少数派なのです。
                          by こんぴら天狗
posted by 白樺のチカラ at 08:54| 岡山 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

あなたの「体内酵素」の量には限りがあるPART3

現代社会は、体内で活性酸素を発生させる有害物質に満ちており、それらを解毒するためにも体内酵素を大量に消費します。食品添加物、医薬品、農薬などの化学物質、環境汚染、家電製品から発せられる電磁波、紫外線、ストレスなどがその代表です。もはや私たちの生活と切っても切り離せないものばかりで、断ち切るには限界があるでしょう。たとえ外的な要因から発生する活性酸素を防ぐことができても、生きている限り避けられない活性酸素があります。それは、体細胞の中のミトコンドリアがエネルギーを生み出す際に発生する、「スーパーオキサイドラジカル」です。これを解毒する作用をもつ「スーパーオキサイドデイスムターゼ(SOD)は、特に欠かすことのできない体内酵素の1つです。しかし、SODは中年以降、急激に減少します。すると、軽い症状の病気でもこじれやすくなり、重い生活習慣病を引き起こす可能性が大きいといわれています。では、酵素を補給するにはどうしたらいいのでしょうか?それには、加熱していない生の生鮮食品(野菜・果物・魚介類など)や、発酵食品を摂るのが効果的です。また、腸内細菌が体内酵素をつくる作業を促進させるためには、乳酸菌生成エキスなどが有効です。その他、酵素のはたらきを補い、体内酵素が効率よく機能を発揮するよう手助けをするのが、ビタミンとミネラルなど、補酵素といわれる栄養素です。
                            by こんぴら天狗
posted by 白樺のチカラ at 08:07| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

あなたの「体内酵素の量」には限りがあるPART2

困ったことに体内酵素は使えば減り、また、加齢によっても減少します。幼児の体内には、老人の100倍にも相当する酵素があるといわれています。かっては、酵素は食物から摂りいれるたんぱく質を材料に、体内で無限につくられると考えられていました。しかし、じつは一生の間に体内でつくられる酵素の量には限りがあったのです。体内酵素が少なくなると、老化が早まったり、病気にかかりやすくなったりします。そうならないためには、体内酵素を効果的に補給する一方で、なるべく消耗しないようにしなければなりません。では、体内酵素はどのようなことに使われ、消耗するのでしょうか?最も基本的な機能である細胞の再生や修復をしたり、神経系やホルモン系、免疫系のバランスを調整するために、体内酵素を使うからです。ですから、余計なストレスを溜め込んだり、不用意に体にムリを強いたりするのは、体内酵素のムダ遣いにつながるでしょう。また、食べ物を消化してその栄養分を分解し、体に吸収するためには、体内酵素を消化酵素として使います。食べる量が多ければ当然、それだけ大量の消化酵素が必要です。むやみに暴飲暴食を続ければ、大切な体内酵素を浪費することになります。食べるものの質や、よく噛んでいるかも無関係ではありません。また、不規則な食生活も消化酵素の負担を増やしますから、夜遅く寝る前に食べるのもよくありません。食事時にアルコールやコーヒー、タバコなどの嗜好品を摂ると、それらの解毒のために酵素が使われていますので、消化吸収は悪くなります。           by こんぴら天狗
posted by 白樺のチカラ at 07:40| 岡山 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。