白樺のチカラ シリーズ
天然成分100%!! 白樺からできた木酢液
Aチカラ集合.jpg

2013年11月05日

免疫力の味方「乳酸菌を増やす」法

最近のヨーグルトはみな、「生きて腸まで届く」というのが謳い文句になっています。そこには途中で死ぬことがないように、諸々の技術と工夫が詰め込まれているのです。しかし、いずれにしても、そうして取り入れられた乳酸菌は外来菌にすぎませんから、時期がくればいなくなってしまいます。つまり、腸内の乳酸菌を増やしたければ外来菌をいくら取り入れてもダメだということです。赤ちゃんの頃から腸内に棲んでいる、古参の常在菌を増やすことを考えなくてはいけないのです。そして、そのような効果をもつのは乳酸菌そのものではなく、乳酸菌の分泌物と菌体物質にあるのではないか、と研究されています。これらは、少々聞きなれないかもしれませんが、「バイオジエニックス」と呼ばれ、注目されています。乳酸菌の分泌物とは、自分以外の菌を増やさない「ナワバリ物質」のこと。納豆菌が分泌するヌルヌル成分や、酢酸菌の分泌物である酢と同じ関係です。また、菌体物質とは、菌を構成している物質のことをいいます。細胞膜で乳酸菌を守るはたらきをする他、細胞間の情報伝達をつかさどるアンテナ的な役割があります。そして、その乳酸菌の分泌物や菌体物質を集めたものとして、乳酸菌生成エキスがあります。その特徴は、16種類の乳酸菌を豆乳を利用して共棲培養をさせている点にあります。乳酸菌を増やす助けをしますから、この乳酸菌を生成したエキスを摂ることは、自分に合う乳酸菌をやみくもに探すよりも確実な方法といえるでしょう。
                      by こんぴら天狗
posted by 白樺のチカラ at 08:07| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。