白樺のチカラ シリーズ
天然成分100%!! 白樺からできた木酢液
Aチカラ集合.jpg

2013年12月17日

「腸内腐敗を防ぐ」簡単な方法

悪玉菌を増やす最も大きな要因は、やはり肉食です。マウス実験でも、高脂肪・高たんぱくの食事を毎日摂らせると、腸内の発ガン関連酵素が増えることが確認されています。つまり、そのような酵素をつくり出す悪玉菌が、勢力を強めてくるということです。善玉菌と悪玉菌のバランスは、腸内のPHを左右します。胃には強力な胃酸が存在し、PHでいうと空腹時に1〜1.5程度の強い酸性に保たれていますが、小腸、大腸、直腸と、肛門に向かって下がるにしたがい、内部の状態は酸性からアルカリ性に傾く特徴があります。アルカリ性を好む腐敗菌には、格好の条件なのです。困ったことに、大腸菌(日和見菌)やウェルシュ菌などの悪玉菌は、腸内をアルカリ性にする作用をもっており、アルカリ化傾向に拍車をかけてしまいます。これにブレーキをかけるのが、乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌です。善玉菌は乳酸や酢酸などをつくり出しますから、腸内を酸性ないし中性にする力があるのです。乳酸菌生成エキスの成分が生きている菌ではなく、いわゆる死菌です。生菌には、他の菌を抑制するなどのメリットもありますが、免疫系の作用に関していえば、じつは菌が生きてるか死んでいるかは関係なく、そこに「菌がある」ことだけが問題だといえます。ただ、乳酸菌の難しいところは、その種類が極めて多岐にわたる点です。それぞれで性質や作用が異なり、ですから、すべての乳酸菌が健康にいいとは限らないのです。    by こんぴら天狗
posted by 白樺のチカラ at 08:51| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。