白樺のチカラ シリーズ
天然成分100%!! 白樺からできた木酢液
Aチカラ集合.jpg

2011年06月21日

信念のある人とない人の差を獄中にみる。

監獄という極限状況というか特殊な環境に置かれると、人間というものがよく見えてくる。
シベリアのラーゲルにいる時、つるし上げがあった。ただ日本本国に帰りたい一心で、
共産主義のお先棒をかつぐ。昨日までは関東軍の幹部として日本帝国主義の尖兵、侵略分子
だった奴がラーゲルにいれられた途端、共産主義のアクテイブに一変する。
早くかえしてもらえると思って、ソ連に一生懸命、媚を売ってるわけです。
どんな環境の中でも自分の信念とか、自分の立場を踏みはずさないでやる。獄中の中でそれ
ができた人間は、日本にかえってきてからもそれができる。だから立派に仕事ができる。
ゴマをするという奴は、どこへ行っても他人の顔色ばかりうかがっているから、なにもできない。
「獄中の人間学」古海 忠之、城野 宏共著より、
                            by こんぴら天狗
posted by 白樺のチカラ at 08:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: