白樺のチカラ シリーズ
天然成分100%!! 白樺からできた木酢液
Aチカラ集合.jpg

2013年11月26日

「古い免疫」「新しい免疫」2つの力をフル活用する

私たちの体に害を及ぼす異物は、じつにたくさんの種類があります。たとえば、細菌やウイルス、寄生虫といった病原体をはじめ、移植された臓器や血液、体内で発生したガン細胞などがそれです。体に備わっている免疫とは、有害な異物を瞬間に見分け、排除するじつに賢い防衛システムです。そのセンサーが敏感になりすぎると、花粉・カビ・ダニ・チリなど、日常にありふれた物質に過剰に反応します。これがアレルギーというわけです。じつは、この異物が最も侵入しやすいのが腸です。そのため腸管には、特有の免疫システムが備わっています。免疫系の中でも要というべきリンパ球の約60%が腸管に存在しています。腸は「人体最大の免疫器官」と呼ばれる所以です。リンパ球には、骨髄でつくられるB細胞や胸腺でつくられるT細胞などの種類がありますが、骨髄も胸腺も、生物が上陸してから誕生した臓器です。つまり、免疫系もすべて腸から始まっていて、腸はリンパ球の発生母体でもあるわけです。ですから腸管免疫は、進化の初段階で成立した「古い免疫」であるといえます。それに対し、胸腺や脾臓の免疫システムは、進化の過程で必要が生じたり、新種のウイルスに対応するために発達した「新しい免疫」といえるでしょう。そして免疫力の本質は、古い免疫のほうにあります。というのも、病気の発生や治癒といった根源的な部分での生体防御は古い免疫の役目だからです。それに、新しい免疫は、私たちの体を生涯を通じては守ってくれません。反対に腸などでつくられる免疫細胞は、息が長いのが特徴です。       by こんぴら天狗
posted by 白樺のチカラ at 08:52| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。