白樺のチカラ シリーズ
天然成分100%!! 白樺からできた木酢液
Aチカラ集合.jpg

2014年01月14日

「ガンを抑える体質」をつくる法

乳酸菌生成エキスが腸管の免疫活力を促すことについては、マウスで実験を行ない、すでに明らかにしています。老齢マウスのバイエル板には、加齢による細胞分裂中心の退縮がみられるのですが、乳酸菌生成エキスを投与されたマウスでは、細胞分裂中心が再び活性化しました。つまり、腸が若返り、免疫力が回復したということです。これは、乳酸菌生成エキスに含まれるペプチドグリカンや核酸には、免疫を高めるはたらきがあります。さらに、腫瘍に対する効果についてもマウス実験が行なわれました。発ガン物質を注射して大腸ガンを発症させたマウスの腫瘍発生率が、乳酸菌生成エキス投与の有無でどう変化するかを調べたのです。その結果、発ガン物質投与後24〜26週のマウスの場合、エキスを投与していないマウスでは発生率100%のところ、投与したマウスは76%にとどまっていました。また、発生初期の大腸微小腺腫の場合をみるため、発ガン物質投与後15週のマウスでも同様の調査をしました。その結果、エキス非投与のマウスでは30個近い微小腺腫が発生したのに対して、エキス投与のマウスは10個程度でおさまったのです。つまり、乳酸菌生成エキスは大腸腫瘍の初期発生を防ぐだけでなく、微小腺腫に続いて引き起こされるポリープや、大腸ガンの発生も有意に抑制することが明らかになったわけです。薬と違って劇的な効果はありませんが、その代りずっと続けられるし、摂りすぎて悪いということもありません。日頃から健康維持のためのサプリメントとして摂取していくことで、病気の発生や免疫力の低下を抑制することができるといえるでしょう。
                        by  こんぴら天狗


posted by 白樺のチカラ at 08:38| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。