白樺のチカラ シリーズ
天然成分100%!! 白樺からできた木酢液
Aチカラ集合.jpg

2014年04月30日

悪党退治は2系列の細胞で

消化管のまわりをマクロファージが取り巻き、消化にともない侵入する危険な異物に対応していましたが、そのマクロファージからリンパ球が進化していきました。マクロファージからリンパ球への進化の道筋にはふたつの系統があります。ひとつはNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)・T細胞(胸腺からつくられる細胞)の系列。もうひとつはB細胞(骨髄からつくられる細胞)です。NK/T細胞系列の極限にあるのがT細胞ですが、T細胞とB細胞では異物を退治する武器が異なっています。T細胞は異物をT細胞レセプターで認識して細胞内にためた分解酵素をふりかけ、異物の付着した自己細胞を丸ごと殺してしまいます。このときT細胞からはキラー分子が放出され異常細胞が処理されています。一方、B細胞は体液や血液中をめぐっている接着分子(免疫グロブリン)を分泌し、これが異物をおいかけ擬集させてしまいます。擬集された異物は最終的にマクロファージが貧食によって処理しています。T細胞はマクロファージ〜NK細胞〜胸腺外分化T細胞〜胸腺由来T細胞という道筋をたどったと思われます。      by こんぴら天狗































































































posted by 白樺のチカラ at 08:44| 岡山 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。